故人の財産

非嫡出子は相続できるのか

遺産相続というと「親と子」や「夫と妻」といった関係で完結するイメージを持たれている方も少なくないと思いますが、現実は血縁や戸籍上の間柄だけに関わる問題ではなく、あらゆるケースが入り混じって複雑な状態で進められることの方が多いといえます。
人間関係の数だけ形のある遺産相続ですから、それに対応するための法律で定められた相続ルール存在します。
しかし遺産相続の現状は型どおりスムーズに進むということは珍しく、その都度状況ごとに応じたジャッジを下す必要性が高く、専門家であってもその場で判断できない問題も多く年々新しいケースが生まれ続けているため、時代を経るごとに相続の問題は多様化しているように感じます。

さて、遺産相続でよくある疑問のひとつに「非嫡出子の相続権はどのようになっているのか?」というものがあります。
非嫡出子の定義はいくつかありますが、一般的な認識では正式な婚姻関係のない男女間に生まれた子を非嫡出子と呼ぶことが多いようです。
非嫡出子は戸籍上では初め母親の戸籍に入っているなど、戸籍上の実子との違いもいくつかあります。

遺産相続の相続人においては優先順位が存在し、遺言書に記載された相続人がもっとも強い相続権を有します。
その場合、血のつながりや戸籍のつながりは全く関係なしに被相続人の意思が優先され、相続権の行き先が決定されます。
その次に優先されるのが法定相続人という枠で、法律で決められた関係上にある人が相続人として決定される制度ですが、この中に非嫡出子は含まれています。
法定相続人の中で非嫡出子は第一順位として扱われます。これは実子、養子と同等の優先度合いですが、実子や養子と比べての一番の違いは相続できる遺産の割合が半分になるという点です。

たとえば実子や養子が1,000万円の遺産を相続できる場合に、非嫡出子の相続額は半分の500万円となります。
もし、何か致し方ない事情で自分の子供の一人が非嫡出子として生まれたが、相続はほかの嫡出子と同じようにしてあげたいという場合は、被相続人の生前にその非嫡出子を養子縁組することで、ほかの子との相続権利を同じにすることが出来ます。

Copyright(C) 2013 専門家に相談を All Rights Reserved.