故人の財産

相続順位の数え方

遺産相続というものは誰にとっても関わりを持つものでありますが、そう何度も経験することではないので、いざというときに知識がなく手続きが手間取ったり、遺族間でなかなか話し合いが進まず人間関係が悪化してしまったという話もよく耳にします。
そういったことが予測できることだけに、法律でも遺産相続について多岐にわたる項目で取り決めをしていますが、ほとんどの方が知っておく必要がある部分は重遺産を相続できる権利を持つ人が複数いた場合の相続人の優先順位についてではないでしょうか。

遺産相続は基本的に優先順位に基づいて相続人や遺産の相続割合が決定されます。
遺言書はその中でも一番優先度の高いもので、遺言書に書かれていれば家族や親族以外の方であっても故人の遺産を相続できるという効力をもっています。
しかし、よほど特定の人に故人の思い入れがあったりしない限りは遺言書に書かれているのは、家族や親族である場合が大多数です。
遺言書の次に相続順位の優先度が高いものが、法律で決められた法定相続人という制度です。

この法定相続人の制度は更に細分化された順位がつけられていて、上位の順位にあたる関係性の相続人がいない場合に下位の順位の相続人が遺産を相続できるというものになっています。
ただし配偶者は順位による優先度は関係なしに遺産を相続する権利を有します。
まず相続第一順位と呼ばれるのが、被相続人の子供、孫、ひ孫という相続人です。
この場合子供は実子、養子、非嫡出子問わず対象となり、これらの子供が全て故人の場合にのみ孫、ひ孫の順に権利が移行します。

次に相続第二順位と呼ばれるのが、被相続人の父と母です。
この父母がすでに故人の場合は祖父母が相続人となります。
最後が相続第三順位と呼ばれるのが被相続人の兄弟と姉妹です。
ただし、この兄弟や姉妹がすでに故人でその子供がいる場合にはその子供が相続の権利を得ます。
また、別名で相続第一順位は直系卑属、相続第二順位は直系尊属と呼ばれています。

Copyright(C) 2013 専門家に相談を All Rights Reserved.