故人の財産

遺産相続で揉めないために

世の中には自分の気分に対して良い影響を与えるものと悪い影響をあたえるものがありますが、前者は楽しい趣味をしているとき嬉しい気遣いなどを受けたときが思い浮かびます。
それに対し後者は心無い言葉を浴びせられたり、裏切られたりしたりと人間関係の不和がそのほとんどではないでしょうか。
年齢や性別問わず人間関係の問題というのはできれば経験したくないと思うのが人情です。
特に普段仲良くしている親戚や家族間であれば一層のことそう感じることと思います。

では遺産相続で揉めないコツはあるのでしょうか?
まず第一にあげられるのは、財産の持ち主である被相続者の生前に親族の全員で被相続人が主体となり死後の遺産相続についての話し合いの場を設け、事前に相続割合を決めておくという方法があります。
この方法であれば、被相続人がいなくなってからの親族間の力関係に依存せず比較的スムーズに相続を進めることができると思います。
あるいは被相続人が生前に遺言書を作成し、あらかじめ財産の振り分けを明文化しておくという方法も、後々親族間での望まない争いごとを防ぐための良い選択です。
遺言書を残す場合の注意点の一つ目は必ず自筆で書くということです。

さらにできれば一度専門家に内容を確認してもらなど、正式な書面として作成しておけばなおさら安心できると思います。
遺言状の作成において二つ目の注意点としては、遺産を分割させる意思を記載する場合に「誰に」「何を」「どれぐらい」相続させるのかを明確に記載するということです。
遺言書にまつわるよくあるケースとしては、土地や不動産などひとつの固体では分割ができない遺産を複数人で分ける旨だけ書き記し、その分割の割合までは書いていない場合です。
このようなケースになると分割できない遺産は共同所有という扱いとなり、遺族同士で遺産の取り合いになったりその後の管理や売却の手続きが煩雑になるなどの弊害がありますので遺言状を作成する場合は何度も文章を推敲し内容に漏れがないかを確認することが大切です。
そのほかには、専門家に話し合いに入ってもらったり、極力全員が公平に感じるような手段を用いることが、遺産相続で揉めないためのコツといえるでしょう。

Copyright(C) 2013 専門家に相談を All Rights Reserved.