故人の財産

最低限を相続できる遺留分

遺産相続は基本的に法律であらかじめ決められたルールがいくつか存在し、その基準をもとに様々な部分が決定されていきます。
なかでも遺産相続の大きなポイントとして相続人の優先順位優先順位についての取り決めがあげられます。
遺産相続ではまず優先されるのが被相続人である故人の遺言であり、正式な遺言書が残っている場合にはその内容がもっとも意味を持ってくるようになります。
遺産相続に関する法律では法定相続人といって、だれが相続人になれるのか、どのくらいの割合で遺産を相続できるのかということを決める基準があります。
しかし、この法律で決められた法定相続人の扱いよりも優先順位としては遺言書に記載された相続人が最優先とされ、次いで法定相続人という順番で相続の権利が決められていきます。

とはいえ、故人と深い仲であった他人をこの遺言書に相続人とする旨が書かれてあることも多々あり、そういった場合やはり直接の血縁関係にあった親族は腑に落ちないことになります。
そのような際に、仮に遺言書に親族以外の人物が相続人として指定されていたとしても全ての財産を相続させずに、最低限の遺産を確保して遺族に相続させるという保障を遺留分と呼んでいます。
この遺言による遺産相続のトラブルはあとを絶たないため、万が一自分の親族がなくなった場合に遺言書が残されていて親族以外の相続人指定がなされていた場合は、大きく落胆する前に自分が法定相続人かどうかを確認し、その権利を知っておくことが後々になって後悔しないために大切なことです。

経験のない方にとっては遺産相続と聞くとこのように大げさに感じることもあると思いますが、誰にとっても特別なことではなくそれぞれのタイミングで訪れるものと考えておくと、変に遠慮したり自分の希望とは裏腹な対応をしてしまって、後になってから「あの時ああしておけば」となってしまうことを防げると思いますので、事前に知識だけでも持っておくことはいざというときに強みになります。

Copyright(C) 2013 専門家に相談を All Rights Reserved.