故人の財産

名義変更に必要なもの

経験したことがないうちは遺産相続と聞くと「金銭やモノがもらえる」というイメージが先行しがちですが、相続とはいえ何もせずただで遺産がもらえるかというと、少し話が変わってきます。
遺産相続に必要な手続きはケースバイケーズで相続法方法や相続人の関係性によっていくつもありますが、意外と忘れがちになるのが現金や家具や小物など以外のもので、しかるべ場所に名義登録をしてある財産を相続する場合の名義変更です。
土地や車などを相続した際の名義変更ではないでしょうか。
これらの財産については被相続人の生前であっても、家族や親しい人に譲渡する場合が多々あります。

その際には、一般的に譲り渡す側と譲り受ける側の双方で手続きや後処理についての確認を行うため、名義変更を忘れるということは考えにくいですが、遺産相続においては若干状況がことなってきます。
たとえば土地や不動産などを複数の相続人で共同所有した場合、その遺産を相続したことにはなりますが、登記上の名義を変更するまでは故人である被相続人が登記上の所有者となったままの状態です。
土地や不動産などの遺産を相続した際の名義変更を相続登記といいますが、相続登記には期限がないため、遺産分割協議が長引いている間に相続登記を忘れてしまい、相続人が増えて話がややこしくなったり、第三者がその土地の所有権を主張してきた際に対等に戦えなくなるなどの弊害が起こります。

また、土地を売却する際は故人の名義のままでは手続きを進めることができませんので、後々のことを考えても不動産の相続登記は行っておいた方がよいでしょう。
相続登記の手続きは不動産のある場所を管轄している法務局で行います。
その際に必要な書類は、相続人に関するものと被相続人に関するものの二種類の書類が必要になります。
相続人関連で必要なものは、戸籍謄本、住民票、印鑑証明、登記簿謄本、固定資産評価証明書、遺産分割協議書、委任状、相続関係図となります。
一方、被相続人関連の書類は戸籍謄本、戸籍の付票、改正原戸籍謄本、除籍謄本、住民票の除票が必要となります。

Copyright(C) 2013 専門家に相談を All Rights Reserved.